ごあいさつ

お知らせ

2019-01-01 00:00:00

映画フィルムに音が付くまでの無声映画時代、映画はピアノ等の生演奏と共に楽しまれていました。当時の劇場には、ピアノやオルガンが「劇場の備品」として常設されていました。

 

しかし、トーキー映画が全盛になると、その楽器たちは劇場から段々と姿を消していきます。これは、映写方法がフィルムからデジタルへ移行してゆく今、劇場から映写機が消えゆく変化と非常に似ています。

 

awful hats.jpg

『迷惑帽子』(1909年) スクリーン横にアップライトピアノがあります

 

 

ピアノが無い今の劇場では、楽器準備にかかる費用等の面で無声映画上映を断念されるケースが多いです。逆に言えば、常設ピアノがあれば、無声映画上映のハードルがグンと下がります。

 

そのため、無声映画振興会では「ピアノと劇場を縁結び」する活動を行っています。お譲りいただけるピアノがありましたら、是非ご一報ください。そのピアノと常設できる劇場の縁結びをさせていただきます。

 

さらなる無声映画の文化振興に是非お力をお貸しください。また、ピアノには劇場で第2の人生を送ることができるよう、お手伝いをさせていただけたらと思います。

 

無声映画振興会

 

*原則、費用や事務手続きのご負担は発生しません。

*ピアノはグランド、アップライト、電子の種類を問いません。

*劇場との調整が必要ですので、縁結びが叶わない場合もあります。

*損傷の激しいもの、動作しない電子楽器は縁結びを致しかねます。


2019-01-01 00:00:00

このたび無声映画振興会では、

 ・学校の芸術鑑賞会のご担当者様

 ・ホール等の公演企画ご担当者様

を対象とした、観劇へのご招待を実施いたします。

 

振興会top1.jpg

 

ぜひ一度、「活弁・生演奏付き無声映画鑑賞会」をご観劇いただき、芸術鑑賞会・公演でのご利用をご検討ください。ご招待をご希望される方は、コチラのページより「観劇招待希望」とご記入のうえお問合せください。こちらから詳細をご案内させていただきます。

 

*お問合せの際は、必ず「所属名」「電話番号」もご記入ください。

*席数に限りがございます。お早めにお問合せください。

 

7T8A6412-256.jpg


1