ごあいさつ

無声映画とは

映画が誕生したのは1895年。

 

最初の約40年間はフィルムに音をつける技術がなかったため、

映画はスクリーンの横で演奏される音楽と共に楽しまれていました。

日本では語りを担当する活動弁士(活弁)がそれに加わり、独自の映画文化が花開きました。

 

トーキー映画が発明されてから衰退したものの、

2019年12月には活動弁士を題材にした最新作の映画が公開されるなど

この鑑賞形態は「映像×伝統芸能の語り×音楽」の総合芸術として近年大きな注目を浴びています。

 

 

無声映画振興会では、

日本独自の「活動弁士・生演奏付き無声映画公演」

海外でスタンダードな「生演奏付き無声映画公演」

そのどちらにも対応しております。

 

7T8A6450-294.jpg P1580602.JPG